ブログBlog

2021/3/8

赤間貴之

住宅ローンを申し込む際に注意すること

こんにちは。新築営業部の赤間でございます。
コロナウィルスの影響を受けもう1年以上がたち、まだまだ気がゆるめない状況ですが
これからお花見やGWなど楽しいイベント盛りだくさんですが、今年も自粛でしょうか‥‥
はやく普通の生活に戻れることを心から願っております。  さて今回は資金についてお話しします!

住宅を建てる際に皆様大体の方が、住宅ローンを組みます。 今日は住宅ローンを借りるにあたり注意する点をお話しします。
大きく分けて6点の注意事項、確認になります。

1.年齢

住宅ローンを借りるときに、申し込み時の年齢が重視されます。金融機関によって違いはありますが
一般的に住宅ローンを借りられる最年少は20歳からで、一般的には65歳から70歳までが申し込めて、
なおかつ完済が80歳までというところが多いでしょう。
住宅ローンの返済年数も、最長期間が決まっています。
多くの金融機関や商品では最長で35年と決められているところが多いですが、それ以上の返済年数で借りられるものもあります。
(最近では若い世代に対して40年も増えてきている)
住宅ローンを申し込むときには、申し込むときの年齢、完済したときの年齢、そして返済年数の3つを合わせて
返せる範囲の金額と返済期間が決められます。

2.勤続年数

一般的に、住宅ローンの審査に通るために必要な勤続年数の目安は3年だと言われていますが、
最近では1年以上であれば、審査基準になるところも増え、最近では勤続年数撤廃した金融機関もあります。

その場合、源泉徴収票が1年分ないケースがでてきます、その際は会社から見込証明書をいただき、
その金額を年収とみなし審査していただけます。
ですので、近年は勤続年数に関しては制限が緩くなってきているのが現状です。

3.年収

基本的に、年収が高いほど借入可能額が多くなります。もちろん、職業や年齢、勤続年数、その他ローンの借入状況など
いわゆる「属性」といわれるものも判断材料ですが、借入額については特に年収の影響が大きいです。
金融機関によって基準が異なるため、年収の基準が低くても他の基準が厳しいケースや、その逆も考えられるでしょう。
また、自営業の場合は、収入が高くても審査が厳しくなる傾向があります。
一概に、年収だけで審査の結果が決まるわけではありません。

4.雇用形態

正社員、契約社員、派遣社員といった雇用形態にかかわらず、住宅ローンの借入れを検討することは可能です。
しかし、正社員に比べると、契約社員、派遣社員については、そのハードルが高くなるのが事実です。
正社員については、いずれの金融機関であっても借入れの検討が可能です。もちろん、正社員であればよいというわけではなく
一定の基準を満たすことが求められます。収入の安定性や継続性が問われることは言うまでもありません。
派遣社員は借入れができなくても、契約社員であれば借入れを検討できるとする金融機関は比較的多く存在します。
但し、契約期間が1年以上といったことをはじめ、勤続が2年以上、完全月給制など、正社員に近い条件を求めるところが
少なくありません。いずれにしても、雇用形態の確認は融資を受けるうえで非常に大事な要素ですので確認必須です。

5.健康状態

ローンを返すためには、しっかり働かなくてはなりませんが、健康状態が悪化すると、勤労そのものが危うくなります。
住宅ローン返済では「体が資本」なのですが、どんな人でも病気やケガのリスクはゼロではありません。
そこで住宅ローン専用の保険である「団体信用生命保険」の加入が重要になってくるのです。住宅ローンを組む際は必ず
この「団体信用生命保険」に加入することが条件となっているケースがほとんどです。したがって持病や既往歴がある場合
団体信用生命保険に加入できないことがあり、住宅ローンは組めないというケースもあります。団体信用生命保険には
金融機関により様々な商品があり、持病や既往歴があっても加入できるものも存在しますので、
あきらめずいろいろ試してみることが大事です。

6.その他ローンの有無

住宅ローンを組む際に、その他のローンの確認も非常に大事である。例えば一番多いのが車のローンである。
またカードローンやキャッシングやリボ払いなども該当する。ここで知っておきたいポイントは、返済比率について。
返済比率(返済負担率)とは、「年収に占める年間返済額の割合」のこと。住宅ローンの審査で金融機関がチェックする
ポイントの一つです。返済比率(返済負担率)が基準を超えると返済負担が重くなり、返済が滞るリスクが高まるので
融資が受けられなかったり、借入額を減らされたりする。この返済比率(返済負担率)は金融機関や住宅ローンの種類によって異なるが
おおむね30~35%程度となっている。


住宅ローンにもいろいろ種類があります。
どの住宅ローンが自分たちに合うのかは、なかなか自分で探そうとしても難しいところです。
カワムラではそんな悩みのあるお客様により良い提案をさせていただきますので、ぜひご相談ください!
モデルハウス問い合わせや資料請求など、どしどしお問合せお待ちしております!

Writer

赤間貴之

生涯現役を目標としていまだにスポーツを続けております!
スポーツで培ったフットワークを武器にお客様のお役立ちになれますよう頑張ります!!

このスタッフが書いた他の記事をもっと見る

土日祝は2,000円、平日は3,000円分のQUOカードをプレゼント! 来場予約キャンペーン キャンペーン情報を見る土日祝は2,000円、平日は3,000円分のQUOカードをプレゼント! 来場予約キャンペーン キャンペーン情報を見る

Catalog Present youトピアカワムラの家づくりがわかる カタログを無料プレゼントCatalog Present youトピアカワムラの家づくりがわかる カタログを無料プレゼント

月々5万円台~土地と建物で2,500万円以下で建てられて、性能・断熱性も
抜群な住まい「ラクイエ」のことやyouトピアカワムラの家づくりのことが
もっともっとよくわかる資料を無料でお送りいたします!
具体的な間取りや価格も掲載されています。
あなたの家づくりの参考になること間違いなしです!

Contact まずはお気軽にお問い合わせくださいContact まずはお気軽にお問い合わせください

0120-411-2960120-411-296受付時間 9:00〜18:00

MESSAGEyouトピアカワムラからのメッセージ

旭川のyouトピアカワムラのホームページへお越しいただきありがとうございます。ユートピアカワムラは旭川の住宅総合メーカーとして、低価格で高性能な規格住宅「ラクイエ」をはじめとする新築住宅、規格住宅のご提案をしております。
2020年には旭川で新築一戸建てを考えている全ての人に役立つ情報をご提供することを目標とした、北海道最大級の体感型ショールーム「新築館」をにオープンいたしました。豊富な土地情報、大量のメーカー展示、触って体感できる構造・性能ブース、お子様が帰りたくなくなっちゃうほど広くて楽しいキッズルームなどがあり、お客様がそれぞれ自由に見て比べて家づくりを学んでいただくことができます。
「一軒家に住みたいけど、私達にも建てられるかな」と心配な方も、理想の一戸建てがまだ見えてきていない方も、土地をお持ちでない方も住まいに関するご相談はどんなことでも大歓迎です。一緒にお悩みを解消していきましょう。
旭川市内には常時3件ほどのまちかどモデルハウスがあり、月々5万円で住める規格住宅「ラクイエ」を実際にご覧いただくことができます。

一生に一度の家づくりで後悔しないためにも、ぜひ一度まちかどモデルハウスや新築館にお越しくださいね。

株式会社カワムラ 本社〒078-8234 旭川市豊岡4条3丁目7-13
Tel:0166-32-3231
Fax:0166-31-8245

GROUPyouトピアカワムラグループのサイト

  • youトピアカワムラ公式サイト
  • リフォームのことならリフォーム館
  • 外回りリフォームならソトピア
  • youトピアカワムラの土地・中古住宅専門店カウイエ
  • youトピアカワムラ アパート・マンション